【実体験】初めてのコンビニバイト|仕事内容とメリット・デメリット

就職

コンビニバイトってどんなお仕事をするのか気になる方もいるのではないでしょうか?特に高校生とかであれば、初めてのバイトともあり緊張もすることでしょう。今回は僕自身がコンビニバイトを実体験した時の感想を交えながら、仕事内容やメリット・デメリットについてご紹介していきます。

仕事の内容

ショッピング, ビジネス, 小売り, ショッピング カート, 交通機関, スーパー マーケット, 食品, 購入

コンビニで初めてアルバイトするとなった時、どんなお仕事をするのか気になる方も多いでしょう。日頃はお客様として行くことはあっても、逆の立場になったら見え方も変わってくるものです。それでは、実体験を元にコンビニバイトのお仕事についてご紹介していきます。

仕事の内容1:レジ業務

コンビニバイトとのお仕事の一つがレジ打ちです。しかし、スーパーのレジ打ちと違いやることは多彩です。

つい最近では、セルフレジが導入されていますが、セルフレジができるのは支払いのみです。それでも10年前と比べたらお金の間違いなどがほとんど起こらないため、お客さんとトラブルになることが少なくなったといえます。

しかし、レジ業務は会計だけに終わりません。では、どんなことをするのか説明していきます。

会計

1つ目は会計です。会計は商品にあるバーコードを機械で読み取っていき、商品を袋に入れていきます。この時に注意しないといけないのは、レジ袋が必要かどうかを確認しましょう。人によっては、袋を必要としない人もいるためです。

また、商品がお弁当やおにぎりなどであれば、温めるのかも聞きましょう。最後は合計の値段が出たらお客様にいい、現金をもらい会計をする形になります。これがセルフだった場合には、直接お金のやりとりをする必要がないため、次のお客様の接客に移る流れになります。

宅配便やメール便などの手配

レジのお仕事には宅配便やメール便の手配をしないといけません。例えば、メルカリなどの宅配便の場合、サイズを測ったりしないといけません。その後に会計をし伝票を作成した後に控えをお客様に渡します。預かった荷物は保管して、宅配業者がきたらそれを引き渡す流れとなります。

タバコの販売

レジ業務にはタバコの販売も含まれます。タバコの販売をする際は年齢確認をしないといけません(明らかにして大人と分かればここは省きます)。

お客様はタバコの銘柄で言ってくることがありますが、タバコを吸わない人からすれば分かりません。その場合には、大抵の場合タバコの置いているところには番号が振られているので、それを言ってもらいましょう。

公共料金などの支払い対応

コンビニでは公共料金や携帯電話代を支払うことができます。そのため適切に扱う必要があります。

お客様は、支払い用紙を出してきます。その際に機械で用紙にあるバーコードを読み取り、会計をしていきます。お金をもらったら支払い用紙に認印を押していき、控えを渡していく流れになります。

切手の販売

コンビニでは切手の販売も行っています。お客様から切手くださいと言われますので、会計をしたら切手を渡して完了です。ここで気をつけないといけないのが、いくらの切手が必要なのかを必ず聞きましょう。

お客様によっては、「この封筒の切手っていくらですかね?」と聞いてくることもあるので、適切なものを教えてあげましょう。もしわからなければ、別のバイトに聞けば解決できます。

仕事の内容2:商品の発注

コンビニバイトの仕事の2つ目は、商品の発注です。基本的には売り切れになりそうなものや新商品などを発注していきます。この業務は、基本的には店長や社員などが対応しますが、コンビニによっては担当ブースを決められてバイトがするところもあります。

しかし、実体験では新人さんがすることはないです。ベテランアルバイトさんがする感じです。

仕事の内容3:商品の検品

コンビニバイトの仕事の3つ目は、商品の検品です。発注されたものが届いたときに、バックヤードの方で発注をしたものと合っているのかを確認していきます。もし、発注したものが届いていなかった場合は、店長や社員に言って再発注を行なってもらいます。

余談ではありますが、発注された商品は1日に2〜3回ほど業者によって運ばれてきます。実体験では、だいたい「昼15時と深夜3時」でした。

仕事の内容4:商品の品出しと陳列

コンビニバイトのお仕事4つ目は、商品の品出しと陳列です。検品をした後は、お店に商品を出していきます。冷蔵庫に飲み物を置いたり、商品を入れ替えたりなどを行っていきます。

ここで1つ気をつけないといけないのが、陳列のやり方です。新しいものは後ろに置いていき、古いものを前に持っていきます。理由は、古いものは賞味期限も迫っているため、売れなければロスになってしまうからです。そのため、新しいものは後ろに持っていくようにしましょう。

仕事の内容5:簡単な調理

コンビニバイトのお仕事5つ目は、簡単な調理です。揚げ物やおでんを作ります。揚げ物は何分あげるかも決まっているので、初めてでも分かります。また、おでんなどはすでにできているもの入れるだけなので、時間を待つだけです。

簡単な調理の中には、コーヒー作りなども含まれます。これはコンビニによって変わってきます。

仕事の内容6:敷地内の清掃

コンビニバイトのお仕事6つ目は、敷地内の清掃です。店内のフロアーからトイレ掃除と1日に3回程度行います。また、店内だけに止まらず、外に置いているゴミ箱の片付けや駐車場のゴミ拾いなどもあります。

実体験では、外に設置してあるゴミ箱の片付けが一番辛かったです。ゴミを分別せずにそのまま捨てる人がいます。例えば、燃えるゴミにはおむつやペットボトル、ビニール傘といったものが入っていた時もありました。

また、ペットボトルや缶を片付けるのも本当に大変です。飲み残しが合った場合には、中身を捨てペットボトルのラベルをはいで仕分けをします。コンビニ店員さんのありがたみがわかりますね!

仕事の内容7:賞味期限の物を廃棄

コンビニバイトのお仕事7つ目は、賞味期限の物を廃棄です。これは、商品陳列をする際に確認するパターンと時間帯を決めて確認するパターンに分けられるかと思います。賞味期限が切れたものをお客様が買ってしまうと後からクレームになる可能性があります。

仕事の内容8:雑誌の入れ替え

コンビニバイトのお仕事8つ目は、雑誌の入れ替えです。古い雑誌をそのままにしていると新しい雑誌を置くこともできません。また、毎週販売される雑誌のものであれば、入れ替えないと古いものは買ってもらえず場所だけを取ってしまうことになってしまいます。

仕事の内容9:ATM・コピー機・チケット販売機の対応

コンビニバイトのお仕事9つ目は、ATM・コピー機・チケット販売機の対応です。人によっては、操作が分からず店員に聞いてくることがあります。その場合には適切に対応をしないといけないため、操作を知っておく必要があります。

勤務時間とシフト

食料品, ショッピング, スーパーマーケット, マーチャンダイジング, 食料品の買い物, 食料品店, ストア

コンビニは24時間営業しているためシフト制になります。基本的には3交代勤務制になっており、「早朝5時〜9時」「昼間9時〜22時」「夜22時〜5時」となっています。

私が勤めていたコンビニでは「朝8時〜13時」「昼13時〜17時」「夜17時〜22時」「早朝22時〜8時」となっていました。コンビニによって変動があるため確認をするようにしましょう。

コンビニバイトの時給

通路, 背景, 購入, クリーン, 食品, 食料品, 食料品店, ライフスタイル, ハイパー マーケット

コンビニの時給は、都道府県によって最低賃金が変わってくるので、あくまでも参考程度と捉えててください。東京都のコンビニアルバイトの平均時給は、1,085円になります。また、夜の場合であればプラス200円程度高いイメージです。

実体験では、朝の時給は基本的に少なく最低賃金のところもあります。

出典:タウンワーク
参照:https://townwork.net/jobCategory/jc_002/jmc_00208/jikyuu/

多くの求人をまとめて検索!企業の口コミも見てみよう!

コンビニバイトはしようと思ったけど、時給が・・・と思われた方は、【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイトを使ってみてください!!こちらのサイトは会員登録が無料で、100万件以上の口コミ情報が掲載されています。

また、大手求人サイトとも提携しているため、多くの求人を見ることもできてしまいます。他の仕事を探したい場合は、ここを利用してみましょう!

コンビニバイトのメリット

女性, ファッション, モデル, ヒッピー, 編んだ髪, ヘアスタイル, 金髪, ブロンドの女性, 若い女性

コンビニバイトをする上でいくつかのメリットがあります。そのメリットを最大限に活かすことができれば、コンビニバイトは働きやすいと言えるでしょう。

コンビニバイトのメリット1:働く時間帯を選べる

コンビニバイトのメリット1つ目は、働く時間帯を選べることです。一般企業であれば、9時〜18時の勤務が多いですが、コンビニであれば、「朝・昼・夜」と好きな時間を選べます。ただし、夜の22時以降は18歳未満の方は働くことはできませんので注意しましょう。

コンビニバイトのメリット2:融通が効きやすい

コンビニバイトのメリット2つ目は、融通が効きやすいです。コンビニの勤務はシフト制のため、事前に休む日を店長に報告しとけば、休みをとることは可能です。そのためプライベートの時間も確保しやすいと言えるでしょう。

コンビニバイトのメリット3:特別なスキルを必要としない

コンビニバイトのメリット3つ目は、特別なスキルを必要としないことです。例えば、エンジニアになろうと思えば、プログラミングを覚える必要があります。また、介護関係の仕事につくのであれば、ある程度のスキルが必要になってきます。

しかし、コンビニバイトであれば、特別なスキルを必要としないためアルバイトが初めての方でも大丈夫です。

コンビニバイトのメリット4:コミニュケーション能力がつく

コンビニバイトのメリット4つ目は、コミニケーション能力がつくことです。コミニケーションはどの職業についても必要となり、これができないとどんなに技術力があったとしても業務を円滑に進めることはできません。

コンビニバイトの場合、直接お客様と会話をして業務を円滑に進めるようにしないといけないため、自然とコミニケーション能力がついてきます。

コンビニバイトのデメリット

市, 男, 人, ソロ, ウィンドウ, だけで, 思考, リラックス, グレーの市, グレーの考え方

コンビニバイトはメリットばかりではなくデメリットもあります。そのデメリットを考慮した上でコンビニバイトをするかしないかを選びましょう。

コンビニバイトのデメリット1:業務量が多い

仕事の内容でも説明した通り、業務量が多いです。最初はレジ打ちだけをしていきますが、徐々にやることが増えていき、パニックになることもあります。そのため、臨機応変に対応が求められることがあります。

コンビニバイトのデメリット2:クレーム対応をすることもある

基本的にはクレーム対応は、社員や店長が対応してするのですが、24時間いるわけではありません。そのため、クレームが起きた時はいやおなしに対応をしなければならない時もあります。そのため、精神的に辛くなる時があります。

コンビニバイトのデメリット3:時給が少ない

コンビニのアルバイトは基本的に時給が低い傾向にあります。コンビニの店舗はフランチャイズ制のため、店舗自体は個人経営とさほど変わりありません。そのため、店舗によって時給が変わるのです。売り上げが悪いところであれば、時給もその分低く設定されています。

コンビニバイトに向いている人

幸せ, 男, 大人, 市, 顔, アウトドア, 人, 肖像画, 笑顔, サングラス, 都市, 笑い

コンビニバイトに向いている人は、ズバリ掛け持ちを考えている人におすすめです。というのもコンビニは3交代勤務制であるため、掛け持ちをしやすい勤務体制になっているからです。また、人と話すのが好きと言う方にも向いている仕事だといえます。

コンビニバイトを一度は経験して見るのも良い

風景, 山, 水, 男, 人, ビュー, 自由, 旅行, 川, 森林, 青色の水, 青森, 青旅行, 青風景

コンビニバイトは確かにきつい仕事です。しかし、その分やりがいのある仕事でもあるのです。業務をいっぱいこなすことでスキルや臨機応変さ学ぶことができ、コミニケーション能力もついていきます。一度はコンビニバイトをしてみるのも良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました