仕事のストレスで辞めたい時とは?サインと退職のやり方

転職

現代社会では多くの成人が仕事のストレスを抱えて生活をしています。そのストレスを放置していると最悪の場合、鬱になる可能性もあります。そのため、ストレスのサインが出た場合には退職を視野に入れとく必要があります。

今回は、仕事のストレスの原因から退職の方法までご紹介していきます。

仕事のストレスで辞めたいと思う時

人, 感情, 劇的な, 女性, 感情的です, ストレス, ブラック, 悲しい, 意気消沈した, 不幸です

仕事をする上でストレスはつきものと言っても良いでしょう。しかし、過剰なまでに仕事のストレスを抱えてしまうと、病気になることだってあります。では、仕事でストレスを抱えて辞めたい時とはどんな時なのでしょうか?詳しく説明していきます。

仕事のストレスで辞めたいと思う時1:給料が少ない

仕事のストレスで辞めたいと思う時の1つ目が、給料が少ないです。どんなに頑張っても給料が上がらず、同年代の平均年収や同僚との賃金の格差が出たときに「給料が少ない」と感じるでしょう。会社に雇用されている以上、給料が上がらないとモチベイションも下がってしまいます。

仕事のストレスで辞めたいと思う時2:職場環境

仕事のストレスで辞めたいと思う時の2つ目が、職場環境です。例えば、上司が怒りやすい人であれば、それだけで職場の雰囲気がピリピリとした環境になてしまいます。また、人がいる前で怒られ羞恥心を味あわせられたり、無視をされたりすると多大なるストレスを感じてしまい辞めたいと思ってしまいます。

仕事のストレスで辞めたいと思う時3:人間関係

仕事のストレスで辞めたいと思う時の3つ目が、人間関係です。会社で働いている以上自分と性格が合わない人とも仕事をしないといけません。また、「無視」や「嫌がらせ」「人のせいにする」などの行為をされた時に仕事を辞めたくなってしまいます。

仕事のストレスで辞めたいと思う時4:長時間労働

仕事のストレスで辞めたいと思う時の4つ目が、長時間労働です。基本的に一般企業の労働時間は8時間ですが、仕事量があまりにも多かったりすると長時間労働(残業)をしないといけなくなります。これが毎回のように続くと仕事を辞めたいという気持ちになってしまいます。

また、ブラック企業の場合、「残業代が出ない」「サービス残業をしないといけない」「責任を重い」などがあり、精神的にストレスを感じてしまうでしょう。

仕事のストレスで辞めたいと思う時5:休みが取れない

仕事のストレスで辞めたいと思う時の5つ目が、休みが取れないです。仕事が多忙すぎて本来休みのはずが出勤しないとけなくなったり、1ヶ月の休みが殆ど取れない時などに仕事を辞めたいと感じてしまいます。

仕事のストレスで辞めたいと思う時6:成長できない

仕事のストレスで辞めたいと思う時の6つ目が、成長できないです。仕事によっては同じ業務を繰り返し行います。しかし、同じことを繰り返しても自分の成長にはつながりません。また、今行なっている業務よりさらに簡単なものになっていくと、やりがいをなくし辞めたいと感じてしまいます。

仕事でストレスが溜まっているサイン

男, 絶望, 頭痛の種, 大人, 男性, 肖像画, 式, 燃え尽き症候群, 疲れ, 感情的です, 不満

仕事のストレスが溜まっていると、体に異変が起きます。「怒りっぽくなる」「眠れなくなる」「急に涙が出てしまう」「倦怠感ある」「口数が減る」「お酒やタバコに依存してしまう」などです。これらの症状が見られた時は、ストレスが溜まっているサインと言えます。

仕事でストレスが溜まっているサイン1:怒りっぽくなる

仕事のストレスが溜まっているサインの1つ目が、怒りっぽくなるです。仕事の量が多く自分のキャパをオーバしている時に怒りっぽくなりやすいです。それと付随して「イライラする」「悪口が多くなる」などが日増しに多くなってきます。

こういった症状が出た場合には、仕事のストレスが溜まっているサインと言えます。

仕事でストレスが溜まっているサイン2:眠れなくなる

仕事のストレスが溜まっているサインの2つ目が、眠れなくなるです。毎日のように仕事のことで頭がいっぱいになり、寝る時までも明日の仕事のことや不安などで眠れなくなってしうことがあります。こいった場合には、仕事のストレスが溜まっているサインの1つと言えるでしょう。

仕事でストレスが溜まっているサイン3:急に涙が出てきてしまう

仕事のストレスが溜まっているサインの3つ目が、急に涙が出てきてしまうです。重度のストレスを抱えていると、何もしていないのに勝手に涙が出てきてしまい、喜怒哀楽の感情が激しくなってしまいます。こう言った場合には、仕事のストレスが溜まっている状態と言えます。

また、放置していると鬱病になる可能性があります。

出典:医療法人東横会 心療内科 精神科 たわらクリニック

仕事でストレスが溜まっているサイン4:倦怠感

仕事のストレスが溜まっているサインの4つ目が、倦怠感があるです。倦怠感は精神的に「だるい」「めんどくさい」「仕事にいきたくない」「疲れた」などの状態になることです。こう言った状態が続く場合には、仕事のストレスが溜まっている可能性があります。

出典:大正製薬

仕事でストレスが溜まっているサイン5:お酒やタバコに依存してしまう

仕事のストレスが溜まっているサインの5つ目が、お酒やタバコに依存してしまうです。仕事の業務に追われてしまうとイライラが止まらなくなり、タバコを吸う回すが増えてきます。

また、日頃の仕事のストレスを癒すために、お酒の飲む回数や量が増えていく場合には、相当のストレスがかかっていると言えるでしょう。

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合

うつ病, 男, 不安, 悲しい, 感情, 大人, 肖像画, 人

ストレスですぐにでも仕事を辞めたい場合はどうすれば良いでしょうか?ここらは、どのようにして仕事を無理なく辞めれるかをお伝えしていきます。

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合1:2週間前までに退職届を出す

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合の1つ目が、2週間前までに退職届をだすです。会社規定などでは、1ヶ月前までに退職の申し出をしないといけないなどが、雇用契約などで定まっているとこもあります。しかし、合理的な理由があれば2週間前までに退職届を出せば、そちらが優先され受理されます。

これは、民放627条にも記載されており、2週間経過をすることで退職の効力が発生することを言っています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:e-GOV法律検索 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合2:医師の診断書をもらう

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合の2つ目が、医師の診断書をもらうです。仕事のストレスなどで心療内科などに通った場合には、医師の診断症をもらうようにしましょう。では、なざ医師の診断書があると良いでしょうか?

医師の診断書を会社に出すことにより、休職することができます。その間に次の仕事を見つけると言ったことができます。また、休職期間中は労災として認められた場合には、労災保険がもらえます。そのためにも医師の診断書は大切になってきます。

詳しい内容が知りたい方は、以下の厚生労働省のホームページの労働災害発生についてを見てみてください。

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合3:有給休暇を使う

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合の3つ目が、有給休暇を使うです。会社を辞める場合には最低2週間前までには退職する意向を言わなければなりません。しかし、2週間がすぎるまで会社に行くのは嫌な方もいるでしょう。

そういった場合には、有給休暇を使用するようにしましょう。有給休暇を取っている間に次の仕事を見つけたり、ハロワークなどの職業訓練などの受講を調べたりするのも良いでしょう。

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合4:内容証明郵便

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合の4つ目が、内容証明郵便をだすです。これは、「2週間前までに退職届を出す」に付随してしまうのですが、内容証明郵便をだすことにより受理されます。

内容証明郵便とは、どんな文章であっても誰から誰あてに差し出されたのかを、差出人が作成した謄本を郵便局が証明する制度です。これを行うことにより、2週間が過ぎても会社の遺存だけで在籍を残している場合には、民放627条により訴えることができます。そのため、会社は受理せざるおえません。

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合5:労働基準監督署に相談

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合の5つ目が、労働基準監督署に相談するです。会社での対応があまりにもひどい場合には、労働基準監督署に相談するようにしましょう。そうすることで、退職のやり方などを教えてくれます。

もし、会社側がそれにも従わなかった場合には、労働基準監督署が指導に入ります。

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合6:退職者代行

ストレスで仕事をすぐに退職したい場合の6つ目が、退職代行を使うです。精神的にも肉体的にも疲れている場合、会社とのやりとりをするのは嫌なものです。ましては、嫌な上司ともなればさらにストレスを溜めることにもつながり兼ねません。こう言った場合には、退職代行を使ってみましょう。

弁護士法人みやびの退職代行サービスでは、弁護士の方が退職代行を行ってくれます。ただ辞めるだけの交渉だけではなく、未払いの残業代や退職金の請求なども行ってくれます。この行為自体も弁護士資格を持たないものは行うことができません。

そして気になる費用ですが、LINEで無料で相談することができます。相談した結果、費用が高いと感じた場合には無料相談だけで終われば、それ以上の費用はかかりません。一人で考えずにまずは相談してみましょう。

相談料無料!!弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事を辞めた後はどうすればいい?

女性, 心遣い, 女の子, 美容, 女性の肖像​​画, 肖像画, 顔, 心の平和, スタジオ, 若い, 髪

実際に仕事を辞めた場合、その後のお金について不安がある方もいるでしょう。ある程度どの貯金があればなんとか生活することもできるかもしれませんが、それだけでは正直きついところもあるでしょう。ここからは退職後のお金について説明していきます。

1:失業手当をもらう

仕事を辞めたらハロワークに行き雇用保険の手続きをしにいきましょう。特定理由離職者の場合には、待機期間7日過ぎた後から失業手当の給付が始まります。そのため、申請から約1ヶ月後に失業手当が自身が指定した特定の金融機関に振り込まれます。

2:職業訓練校に通う

仕事を辞めた後は、職業訓練校に通うのも良いでしょう。職業訓練校では様々なスキルや資格を取ることができます。しかも、雇用保険をもらいながら勉強できるため、ジョブチェンジを考えている方にはおすすめです。

また、雇用保険に入っていない場合でも特定の条件に当てはまっていた場合には、国からの支援金をもらいながら勉強することができます。

ストレスのサインが出た場合は退職を考えよう

単独, 一人でいます, 原型, アーキタイプ, 式の, バーンアウト, 疲れ果てた, うつ病, 劇的です

仕事によるストレスが溜まっている場合には、病気になる前に退職をするようにしましょう。確かに退職することでお金の心配も出てきますが、最悪の場合には生活保護になるという手段もあります。体が悪くなってしまえば、次に就職するまでに相当の時間を費やしてしまい、さらに現状を悪化される恐れもあります。まずは自分の身体を大切に無理のない生活を送っていきましょう。

転職を考えるならここを使ってみよう!

転職を考えている方は、転職会議を使ってみてください!!もちろん会委員登録は無料です!!転職会議でできることは以下になります。

・国内最大級100万件以上のの転職口コミ情報が見れる
・大手転職サイトと求人提携をしているため、多くの求人をまとめて検索
・在籍した企業の口コミを投稿することができる

などになります。転職をするところがどうゆう感じなのかを知りたい場合には使って見てはいかかがでしょうか。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました