雪国まいたけ青汁ってどう?特徴と飲み方を紹介

料理

一昔前までは青汁と言ったら「苦くて飲めない!」と言ったイメージがありましたが、今では苦味が抑えられ美味しく飲めるものに変わりました。今回ご紹介する雪国まいたけ青汁は15種類の野菜がふんだんに使われており、抹茶の成分も含まれているため、飲みやすく美味しいものになっています。青汁が苦手な方でも抵抗感なく飲めるでしょう。

青汁の種類

カクテル, 飲み物, お祝い, 飲料, ジュース, 眼鏡, アルコール, 軽食, 液体, アルコール依存症

青汁は一般的に「ケール」「大麦若葉」「明日葉」などを主原料にして作られています。そのため素材によって栄養価は違ってきます。また、形状も「粉末タイプ」「冷凍タイプ」など様々な種類がり自身のライフスタイルによって選ぶ必要があるでしょう。

例えば、すぐに青汁を飲みたい方であれば粉末タイプがおすすめです。水に溶かすだけですので、作る時間を短縮することができ、素早く栄養を補給することができます。

青汁を飲んだ方がいい人

飲料, ダイエット, 飲む, 女性, 新鮮な, 女の子, ガラス, 健康, 孤立, ジュース, オレンジ, 人

では、青汁を飲んだ方がいい人とはどんな人なんでしょうか?まず最初に上げられるのが「健康でいたい人」でしょう。青汁には様々な野菜が含まれているため、一日に必要なビタミンやミネラルなどを手軽に摂取することができます。

その他にも「野菜不足な人」「食生活のサポートに使いたい人」などに青汁はおすすめです。

野菜不足を改善したい人

厚生労働省の「健康21」には、健康を維持するために必要な1日の野菜の量は350g以上食べると良いとされています。350gの野菜の量というのは、両手で生の野菜を3杯持った時と同じぐらいです。しかし、1日にそんなには食べることは非常に困難です。それが毎日となると尚更です。

そんな時に役に立つのが「青汁」です。青汁には様々な野菜が含まれているため、一度に様々な栄養を摂取することができます。野菜不足を改善したい方におすすめです。

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット

健康でいたい人

野菜を食べずにお肉だけを食べていると、栄養が偏り太ったり、血液がドロドロになったりと様々支障が身体にあらわれていきます。健康でいたいのであれば、お肉だけではなく野菜も多く取る必要があります。

しかし、前述したように1日に350gの野菜を摂取するのは非常に大変なことです。そう言った場合には、青汁で手軽にしかも簡単に1日に必要な野菜を摂取するのが良いです。

食生活をサポートに使いたい人

健康維持のために野菜を日頃から意識してたくさん摂取しているつもりだけど、1日350gの野菜を取ることが困難という方には青汁がおすすめです。また、お肉ばかり食べている方にも食生活をサポートする上で欠かせないものになるでしょう。

仕事が忙しかったり、家事や育児でなかなか野菜を取ることができない方も青汁であれば、時間もかからず素早く栄養を補給することができます。

雪国まいたけ青汁の特徴


雪国まいたけ青汁にはどんな特徴があるのでしょうか?特徴を知らずに購入してしまうと、後々後悔してしまう可能性があります。特徴を知った上で購入するかの検討をしてみてください。

野菜の種類が15種類

雪国まいたけの青汁の中には、15種類の野菜が含まれています。「にがうり」「ヨモギ」「にんじん」「ブロッコリー」「かぼちゃ」「パセリ」「ほうれん草」「オクラ」「キャベツ」「アスパラガス」「小松菜」「ケール」「大麦若葉」「雪国まいたけ」これだけの種類のものが含まれています。

これだけのものを購入するとなると、費用もかさみます。しかし、雪国まいたけ青汁であれば、12袋で10,800円ですのでお買い得です。また、雪国まいたけ青汁1杯で、1日分のビタミンBを摂取することができます。

ちなみにですが、ビタミンBが不足すると「疲れやすくなる」「イライラする」「風邪をひきやすい」「集中力が続かない」など様々な支障が起きる可能性があります。そのため、手軽に15種類の野菜を摂取したいのなら雪国まいたけ青汁がおすすめです。

アレルギー成分が使われていない

雪国まいたけ青汁には、アレルギー表示の対象となる「小麦」「そば」「卵」「乳成分」「落花生」「えび」「かに」「豚肉」「鶏肉」牛肉」「いか」「さけ」「さば」「いくら」「あわび」「大豆」「山芋」「くるみ」「松茸」「りんご」「オレンジ」「バナナ」「もも」「キウイ」「ゼラチン」「カシューナッツ」「ごま」などの27品目は含まれていません。

ここの表示されているもの以外で、アレルギーを持っている場合には購入を控えた方が良いかもしれません。

宇治抹茶を配合

雪国まいたけ青汁には、京都府産の宇治抹茶が配合されています。そのためコクがあり、美味しく仕上がっています。青汁は定期的に飲むより毎日続けることが大切です。青汁を選ぶ際には毎日続けやすいものを選びましょう。

雪国まいたけ青汁の飲み方

果物, ジュース, パイナップル, マンゴー, スイカ, パッション フルーツ, オレンジ, フルーツ, 健康

雪国まいたけ青汁を飲むうえでどういった飲み方があるのでしょうか?ここからは雪国まいたけ青汁のおすすめの飲み方をご紹介していきます。

冷水やお湯で割る

まず一つ目が冷水やお湯で割るです。約100mlの冷水もしくはお湯に1包入れてかき混ぜて飲むやり方です。青汁そのものの味を楽しむことができます。また、手軽で簡単に作ることができます。

牛乳で割る

次に牛乳で割って飲むやり方です。牛乳と混ぜって飲むと抹茶オレ風な味になります。苦味が苦手な方にはおすすめの飲み方になります。

ヨーグルトに混ぜる

次にヨーグルトと混ぜて食べるやり方です。青汁はなにも飲み物だけで割る必要はありません。例えば、ヨーグルトに蜂蜜と青汁を混ぜて、フルーツにかけて食べるやり方もあります。ぜひご自身にあった食べ方や飲み方を見つけてみて下さい。

青汁を飲む頻度とタイミング

緑, ジュース, ボトル, 飲む

青汁を飲む時はどんなタイミングで飲めばいいのでしょうか?また、どれぐらいの頻度で飲めばいいのか?詳しく説明していきます。

青汁を飲む頻度

ズバリ!!青汁を飲む頻度は「毎日飲む!」です。何事も継続をしなければ、結果はついてきません。途中で飲まなくなってしまうと、殆どの場合、青汁を飲むことをしなくなってしまいます。

そのため、習慣化させるためにも毎日のみ続けるか、もしくは週に3回は飲むといったルールを設けると良いでしょう。

青汁を飲むタイミング

青汁を飲むタイミングは「朝」「食後の前後」「寝る前」「運動後」が良いでしょう。

朝は1日の始まりであり、身体は栄養を欲しています。そのため、朝食と一緒に青汁を摂取することで1日の活力をつけることができます。

また、食後の前後に飲むのもおすすめです。食事の前に飲むことで空腹感を抑えられ食べ過ぎを防いでくれます。ただし、食前に飲む場合には胃に負担をかけないようにゆっくりと飲むようにしましましょう。

その他にも寝る2時間前ぐらいに暖かい青汁を飲むのも良いでしょう。冷たい状態のものを飲んでしまうと、体を冷やしてしまい睡眠の質が下がってしまう可能性があります。そのため暖かい青汁を飲むことをおすすめします。

最後に運動後に青汁を飲むのも一つのタイミングです。運動をしていれば汗をかき、ミネラルを失っていきます。運動後に青汁を飲むことで失ったミネラルを補給し運動する前の状態に持っていきましょう。

青汁が飲みづらい人でも飲みやすい雪国まいたけ青汁

フルーツ, ジュース, かんきつ類の果実, テーブル, オレンジ, ビタミンC, 健康, 食品

青汁は苦くてマズイと昔は言われていましたが、現在は飲みやすくなっており日々の健康を考える上で欠かせないものとなってきています。今回ご紹介した雪国まいたけ青汁は、栄養が豊富なことはもちろん味も抹茶が含まれているため、お茶のような感覚でめしあがることができます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました