読書をする効果とは?本の読み方と習慣化させる方法

心理

読書をしたていても途中でやめてしまうことってありませんか?人間は興味がなくなったものはやらなくなってしまう生き物です。そのため、途中で読書をやめてしまうのも実は理にかなっているのです。しかし、読書を習慣化させる方法はあります。

また、本を読むことで得られる効果もたくさんあります。この記事では、読書をする効果と本の読み方・習慣化させる方法についても説明していきます。

日本の約半数は読書をされていない

読む, 本, 女の子, 女性, 日光, 湖, 小説, 開いた本, 余暇, 趣味

読書の効果を説明する前に、日本人は1ヶ月にどれぐらいの本を読むのかご存知でしょうか?平成30年に文化庁で行われた「国語に関する世論調査」では、男女16歳以上3590人を対象とし、47.3%の人が1ヶ月に1冊もの読まないと回答されていましす。

また、月に1〜2冊読む人で37.6%となっています。これを見る限りでも日本人の約半数の人が読書をしていないことがわかります。本を読むことは様々な効果がありますので、ぜひ継続するようにしましょう。

出典:平成 30 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要|文化庁

読書をすることで得られる効果

本, 年, シュール, ファンタジー, ページ, 開いた本, チャプター, 木

読書で得られる効果をご存知でしょうか?本には様々な知識が記されています。「何かを初めたい」「思考を変えたい」「人間関係を良くしたい」など、こう言ったものも本を読むことで解消されることもあります。

それでは読書をすることで得られる効果について説明していきます。

1:知識が身に付く

本には様々な知識が収められています。自分が知らないこと、これから学びたいことなど本を読むことで知識が身につきます。知識が身につけることにより、考え方が柔軟になり物事を冷静に判断することができるようになります。

また、あなたが成し遂げたいことを最短距離で導いてくれます。そのため知識を身につけることはあなたに最大のアドバンテージを与えてくれるのです。

2:想像力が養われ

読書をすることで想像力が養われます。例えば、小説の場合漫画と比べ活字が多く絵をほとんど使用されていないため、文章を見てシュツエーションを頭の中で描くしかありません。そこに想像力が使用されます。

この想像力が養われることで、仕事で「こうした方がいいんじゃないか?」「これやるといいよね!」など様々な発想が生まれてきます。想像しなければ発想は生まれず、発送せずして想像は生まれません。想像力が養われれば、未来も描けれるようになります。

3:コミュニケーション能力が上がる

読書をすることでコミュニケーション能力が上がります。本を読むことで様々な知識を身につけることができ、話の言い回しやタイミングなどを学ことができます。

コミュニケーション能力が上がれば、今まで話ずらかった人とも会話をすることもできるようになっていきますし、話しを上手く返することもできでしょう。また、仕事ではプレゼン能力も高くなり説得力もつきます。コミュニケーション能力が上がれば、様々な場面で生かされていきます。

4:文章力が上がる

読書をすることで文章力が上がります。著者が書いた後にも編集者が見て、言い回し・誤字脱字・文脈など添削され世の中に出されます。そのため、読みやすくなっているのです。文章力が上がれば、資料作成や記事作成などの力がつき、良いものができ評価も良くなるでしょう。

5:語彙力が上がる

読書をすれば様々な言葉に触れます。そうすることで話しに深みが加わり、語彙力が上がります。語彙力が上がることで、話しの内容を理解力しやすくなり、確信をもった話し方ができるようになります。

また、文章を書く際にも時間をかけずにすらすらと書けるようになるでしょう。

6:ストレス発散になる

本を読むことでストレス発散になります。例えば、ファンタジー系の小説であれば、非日常的な内容に触れることができ、想像で物語を描いてしまいます。そうすることで、現実逃避ができストレス発散することができるでしょう。

他にも、自己啓発の本や心理学の本などを読めば、心にある蟠りをはらしストレスを軽減さしてくれます。

7:客観力が磨かれる

読書をすることで主観的ではなく客観的に物事を捉えれるようになります。本は主観的ばかりで作成されているわけではありません。客観的な内容も含まれています。そのため、「こう言った考えもあるのか」「今度からはここを注意しないといけない」など、様々な視点で物事を捉えれるようになります。

この客観的な感覚が高まれば、営業をしている時など、「自分だったらこんなこと言われたら嬉しいよな」「こんなことを言ったら嫌がれるだろうな」と、客観的に物事を捉えることができ、プレゼン能力が格段に上がるでしょう。

8:時間を有効活用できる

読書をすることで、時間を有効活用することができます。学校や仕事に行く際に電車やバスに乗ったとき、到着までに時間がそれなりにかかります。この時間を有効活用し読書をすることで、様々な知識を得ることができ、自己啓発にもなります。

自身の暇な時間を有効活用して、読書をすることはとても有意義なものとなるでしょう。

9:様々な考え方が身に付く

読書をすることで、様々な考え方が身に付けることができるでしょう。本には著者の考えや思いが刻まれています。それは自分にはない考え方かも知れません。本に記載されている考え方や思考を真似することで、物事の考えかたが変わり、自信を成長させる礎となります。

本の読み方4つ

書き込み, 作家, ノート, ペン, 本, 女の子, 女性, 人, 手, 草

本を読むとき皆さんはどのように読まれていますか?最初から最後まで読むという方もいるでしょう。もちろんこのやり方でも問題ありません。しかし、本を効率的に読む方法も実はあります。実際にそれをすることで、何倍にも読むスピードが上がります。

しかもこれは誰にでもできるやり方です。これから4つの本の読み方を紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

1:目的を持って読むこと

本の読み方1つ目は、目的を持って読むことです。目的がなくただ読むだけだと、なんのために本を読んでいるのかわかりませんし、すぐに飽きて読書をするのをやめてしまいます。そうならないためには、なんのために本を読むのかを決めて読書をする必要があります。

例えば、人間関係で悩んでるとした場合、心理学の本を読んでどんな対処法があるのかを知る、と言ったふうに目的意識を持って読むことで、読むスピードも理解力も全然変わってきます。

無闇に本を読むのではなく、なんため (目的)読むのかを意識して読書をするようにしてみて下さい。

2:繰り返し読み返す

本の読み方2つ目は、繰り返し読むです。一度読んだだけでは、頭にさほど残りません。そのため、何度も繰り返し読み返すことが重要です。

ここで一つ、最初から最後まで全部を読み返す必要はありません。あなたが気になったところ、もう一度学びたいと思ったところだけを繰り返し読み返すだけで大丈夫です。これはどんな本にも当てはまります。

自分の頭の中に残っていないということは、その部分は興味のない部分です。興味のないことをすれば、自ずと飽きがきてしまい本を読む意欲も落ちてしまいます。繰り返し読み返すときは、最初から読み返す必要はないと覚えてもらえればOKです。

3:全てを読む必要はない

本の読み方3つ目は、全て読む必要はないです。一般的に本を読もうとした場合、見開きの部分から最後まで全てを読もうとしますが、これは効率的ではありません。もちろん小説などの場合であれば、最初から読むのがベストです。

しかし、啓発本や教科書などであれば自分が知りたい、学びたいと思うところだけを読めばそれだけでOKです。自分にとってどうでも良い部分は読む必要はありません。というのも興味のない部分を読むことで「面白くない」「つまらない」「飽きた」など、様々な感情が出てきて読書を継続することが難しくなってしまいます。

そのため本を読むときは、興味のある部分だけを読むというやり方もあると覚えていただければと思います。

4:大事だと思うところはマーカーをつける

学校の教科書などで、大事なところはマーカーなどを付けてたことありませんか。これは本を読む上でも良い方法です。マーカーを付けるということは、その部分はあなたにとって大切なところだから付けているのです。

自分が本を再度読む際には、目印になってくれます。そうすることで、本を効率的に読むことができます。

本を読む時間帯

金髪, 女の子, 本, 読む, 座る, 座って, 若い女性, 読書, 読書の女の子, 草, 屋外, 女性

本を読む上で時間帯を気にしたことはありませんか?朝の場合、人間の脳が最も活性化されやすい時間帯です。そのため、朝に読書することで頭に入りやすく、集中力も持続しやすいです。

また、夜の場合であれば、寝る1時間〜2時間前に読書をするのがおすすめです。これはゴールデンタイムとも呼ばれており、この時間帯に何かをすることで、寝たときに海馬に記憶されやすくなります。

昼間などで読書をすると、周りの情報が多く海馬に記憶されづらくなります。そのため、読書をするなら「朝」か「夜」がおすすめです。

出典:東洋経済

読書を習慣化させる方法5つ

女の子, 女性, 読む, 本, 座る, 自然, 川, 学び, 休日, 教育, 美しさ, 自由, 水, 勉強

読書をしたいけど、いつも途中で飽きてしまって読まなくなるということは誰しもあります。しかし、習慣化する方法を知れば、継続的に読書をできるようになります。これは実際にやってみて効果があったものばかりですので、ぜひ騙されたと思って試してみて下さい。

それでは読書を習慣化させる方法を5つ紹介していきます。

1:読書をする時間を決める

読書を習慣化させる方法1つ目が、読書をする時間を決めるです。これは目覚まし時計の原理と同じです。例えば、20時から本を読むと決めたとしたら、絶対にその時間にして下さい。もし、しなければ自分に罰を与えましょう。例えば、20時から読書をしなければトイレ掃除をするなど自分が嫌なことをするようにしてみて下さい。そうすると脳の中で「〜しなければ、〜をすることになる」と思い込み、継続しやすくなります。

また、時間を決める際は長時間に設定しないことも大切です。最初から20時〜21時まで1時間読むと決めたとしても長続きしません。最初は短時間で設定しましょう。20時になったら5分だけ見ようなど、自分が継続しやすい時間にするようにしましょう。

この方法は、5分と決めていたとしても読み始めたらいつの間にか5分すぎてしまい、長時間読んでいるといことが起きます。一度集中してしまえば、「気づけばこんな時間になっていた・・・」となる感じです。

2:なるべく難しいものを選ばない

読書を習慣化させる方法2つ目は、なるべく難しいものを選ばないことです。これは読書に限ったことではなく、どんなことにも当てはまります。例えば、足し算引き算を習っている人間がいきなり掛け算割り算をやれと言っても難しいですよね。下手したら、足し算引き算もしなくなってしまいます。

これと同じで、難しい本を読むと理解するのに時間が掛かり、脳が疲弊してしまいます。脳が疲弊してしまえば、眠気を講じてしまい読まなくなってしまいます。

そのため、最初のうちは内容がわかりやすく簡単で、ページ数が少ないものをから読書をして読み終わるようにしましょう。そうすることで、「読み終わった」という成功体験を得ることができ、継続しやすくなります。

3:スケジュール化しとく

読書を習慣化させる方法の3つ目は、スケジュール化しとくです。「毎日読書をするのは辛い」そういう方には、週に何回読書をするのかを決めて、スケジュール化しときましょう。

例えば、「週に3日、土曜・日曜・水曜の20時から30分読書をする」など、具体的に示すことが大切で、これをスケジュール帳などに記載しとくと、可視化され継続しやすくなります。

4:自分にご褒美をあげる

読書を習慣化させる方法4つ目は、自分にご褒美をあげるです。それも速効性があるものがベストです。例えば、「読書を30分したらアイスを食べる」「30分読書することができたら、ゲームを1時間してもいい」など、自分にご褒美をあげましょう。

そうすることで、脳は「〜をしたら〜することができる」と思い込み、読書が習慣化され継続していきやすくなります。

5:面白くなければ別の本を読む

読書を習慣化させる方法5つ目は、面白くなければ別の本を読むです。本を読もうとしているといことは、その本に興味を持たれたから読もうとしているはずです。しかし、蓋を開けたら自分が知り得たい情報でなければ、たちまちその本が面白く無くなってしまい、読書自体をしなくなってしまいます。

そうならないとためには、面白くないと思った時点で本を読むのをやめて、別の本を読むようにするのがおすすめです。興味を別の方に飛ばすことで、継続しやすくなります。

無料で立ち読みするならココ!!

国内最大級であるBook Liveでは様々な本を立ち読みすることができます。自分のお気に入りの本を見つけ読書に励みましょう!

読書をすることで様々な効果が得られる!

女性, 読む, アームチェア, 図書館, 本を読む, 本, 本棚, 座る, 座って, ソファー, 女の子, 棚

読書をすることで様々な知恵を手に入れることができます。知識を得ることができれば、人生を楽しくすることも可能です。本を一冊でも多く読んで、自己成長やストレス発散などに役立てましょう。


その他・全般ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました